2016年ポイント研修のご案内

水田生物の多様性を活かした有機稲作は1,2時間の講習会を聞いただけで成功できるものではありません。その技術的なポイントや作業の手順など実際に現場を見てはじめて身につきます。有機稲作に初めてチャレンジする方、抑草がうまく行かず悩んでいる方、アイガモや紙マルチで有機稲作を実施してきたが、規模の拡大等で省力な抑草技術を習得したいと考えている方、麦・大豆・油脂作物などを栽培したいと考えている方、食味や品質を向上させたいと考えている方 是非ご参加下さい。

続きを読む

2016年公開シンポジウムのご案内

日時 : 2016年2月13日(土)13:30 ~ 14日(日)12:30

場所 : コンセーレ(宇都宮市駒生)

特別講演

  • 2月13日16:30~「TPP大筋合意の真実と食を起点とした地域経済再建の意義」
    秋山 満(宇都宮大学農学部農業経済学科)
  • 2月14日9:50~「持続可能な農業のための農薬管理・規制に向けた提言」
    橘高 真佐美 (ダイオキシン環境ホルモン対策国民会議)
  • 2月14日10:30~「ネオニコチノイド系農薬による知的障害の新たな臨床知見」
    平 久美子(東京女子医科大学東医療センター麻酔科)

※タイトルが一部変更になりました

懇親会・宿泊

懇親会:13日 19:00 コンセーレ内ホール

宿泊:コンセーレ内宿泊室への宿泊をご希望の方はお問合せください

プログラム

続きを読む

ブータン王国での生物多様性農業の普及事業について

国民総生産(GDP)の概念を捨て、国民総幸福量(GNH)を政策の中心に据えたブータン王国。2020年までに有機農業100%をめざして頑張っているが、除草剤は使用せざるを得ない状況との農業大臣の報告をお聞きし、農業省の了解を得て、5月31日から6月6日まで「除草剤を使わない稲作の実現可能性」を視察検討してきました。

続きを読む